海外サッカーLovers!!

海外サッカーを愛してやまない男のブログです!趣味のサッカーと最近話題になっている情報を載せていこうと思っています!

Posted by admin on 7月 27, 2012

スペイン撃沈

Posted under オリンピック

昨日の男子サッカー、皆様もご覧になりましたか?!
試合前にスペインの選手たちは「日本は強い」とか「苦しい試合になる」と言っていましたが、
内心ではどうせ楽勝だと思っていたはずだ。

しかし!前半からスペインの攻撃をしっかり跳ね返して恐るべきスピードのカウンターで攻めこむ
日本。ファーストシュートの形も非常に良かった。そして流れそのままにCKから大津が先制し、
守り切る形になった。

それにしても日本の運動量が素晴らしかった。前半から飛ばし過ぎていたので後半どうかと思ったが、
相手が1人足りなかった分もあって運動量が落ちるような感じもなく、しっかりプレッシャーに行け
ていた。そして意外にもスペインの中盤にそれほど良い選手がいるような感じも無かった。
彼らはグループリーグで落ちてしまうのでは無いかと思っている。
そして日本は怪我人も心配だし、試合が続いて疲れが出てきた時が心配だ。

どちらにしても、おめでとう!

Posted by admin on 7月 26, 2012

なでしこ初戦勝利!

Posted under なでしこ

なでしこ宮間

 

オリンピックで一足先に試合に突入したなでしこジャパン。何と初勝利をおさめた!!

とても心配していた。

どうも巷では「男子はダメだ、女子に期待!」てな雰囲気になっていたからである。そういうときこそ、足をすくわれる。むしろ期待されていない男子の方がやりやすいはずだ。2010年南アフリカW杯で日本が思わぬ健闘を見せたのも、期待されず、バカにされていたからだと思っている。

なでしこは皆さんもご存知の通り、宮間のチームだ。今回の試合は観ていないのでわからないけど、直前の試合まで澤はコンディションがそこまで上がっていないような印象を受けた。

そうなってくると、宮間にかかる期待も負担も大きい。宮間は万能型の選手で、遠藤というよりは全盛期の中田英寿を思い出す。彼を中心に試合を動かしながら、自分で点も獲れる。

この試合でもヘッドでゴールを決めている。背は小さいんだけど、その辺りのセンスは抜群だな。今後も世界のmiyamaに期待!!

 

Posted by admin on 6月 9, 2012

頑張れマツイ!

Posted under 未分類

最近、日本のスポーツ界はメジャーリーグに再チャレンジが決まった(ずっとチャレンジし続けているが・・・)レイズの松井選手に注目が集まっている。

あれだけの実績をメジャーで積んだ選手が、マイナーから這い上がり、いきなりHRをかっ飛ばしていて、クリーンアップも任されている。何たる情熱!大感動!

 

しかし!僕が注目しているのは、何といってもサッカーの方の松井大輔に決まっています。 フランスのルマンにいたときが恐らくこれまでのキャリアのピークで、チームの一部昇格に大きく貢献し、「ルマンの太陽」とも呼ばれた。
その後も月間MVPに選ばれるなどの活躍でチームの残留に貢献している。

その後少し低調になっていたが、あの南アフリカW杯で見事に復活

 

非常にディフェンシブなチームにあって、彼がボールを持てば何とかしてくれる、という期待感があった。
昔ほど奇妙キテレツなテクニックを使うこと無く、効果的にキープしたりファウルをもらうような動きがあったりと、引き出しを増やして帰ってきたのだと感動したものだ。その中で時折見せるテクニックが非常に光るわけですよ。
あぁ松井かっこいい。

それが加藤ローサさんと結婚したのは良いものの、サンテティエンヌ、グル
がんばってくれぇ~ノーブル、ディジョンとどこにいってもレギュラーの座を確保するに至らず、しまいにはサッカーニュースでも全然見かけないくらいになってしまい、検索窓に「松井」と打てば、AKBのマツイさんが出てくる始末ではないか。
腰痛が良くなってないのか、サッカー飽きてしまったのか・・・ローサ氏が悪いとは全く思ってないけど。   がんばってくれぇ~
Posted by admin on 5月 18, 2012

レアルの時代再来か

Posted under C. ロナウド

先日、今期のリーガの行方を決める、クラシコが行われた。

C.ロナウドとメッシの得点王争いでも注目されていた一戦だったが、C.ロナウドのゴールでレアルが勝利するという結末になり、そのままレアルが優勝した。

それにしてもロナウドがここまで成長するとは全く思わなかった。マン.Uでデビューしたときは、それはそれはたいそう荒削りな選手で、とにかくサイドでも真ん中でもシザーズばかりやっていた。
シュートがそれほど上手でなかったことも目についた。

要するに跨ぎたがりの打ちたがりだったが、びっくりするくらい上手かったこともよく記憶している。
ボールを奪われないし、体のバランスが良いので跨ぎまくってもすぐに次のアクションに移れていたC.ロナウド

そんなロナウドだが、結局はシーズン50ゴールのメッシに得点王の座は奪われてしまった。1シーズンに50点はどう考えてもやりすぎた。香川は10点くらいで騒がれているというのに・・・

まぁPKとFKでのゴールが多いってのもあるんだけどね。

更にロナウドのすごいところは、これほどのスターなのに、あんなチャラケた顔をしていて、多分バカなのに、あまり問題を起こさないことだ。私がロナウドだったらマン.Cのバロテッリ以上にめちゃくちゃやってるだろうな・・・イケイケかつ優等生ボーイのロナウド様に今後も注目だ。

Posted by admin on 4月 23, 2012

思い出の一戦

Posted under CL

2005ミラン×リバプールチャンピオンズリーグの駒がどんどん進んでいるが、最近はネットから無料で海外のサッカーの試合を見られるので最高だ。私のような貧乏サラリーマンにとってはたまらない。

チャンピオンズリーグで思い出深い試合があるとすれば、2005年の決勝、ACミラン対リバプールだ。当時の私は学生だったので、夜中の3時ころからの放送を友人と二人で観ることに決めていた。試合はミランの一方的な展開で、前半を終わって3-0。「これ以上は観る価値なし」と判断して友人と私は寝てしまっていた。

そして早朝、ぼんやりした頭でテレビを見てみると、めざましテレビにトロフィーを掲げて叫んでいるリバプールのキャプテン、ジェラードがいたのだ。一瞬何の間違いかと思ったが、何と前半ダメダメだったリバプールが後半で追いついてPKで勝っていたのだ。前半で諦めてしまったのは我々や多くのサポーターだけで、ピッチの上の選手たちは全く諦めていなかったのだ。なんということか。リプレイを前に、友人と二人で愕然としてしまったのを強く記憶している。

叶わなかった恋の方が愛しいのと同様に、観れなかった試合のほうが大切な試合になるということだ。

違うか・・・

Posted by admin on 4月 3, 2012

香川12得点目!!日本人最高ゴール達成!

Posted under 香川真司

香川が今季12ゴール目を達成!高原、中田の記録を抜いて日本最多ゴールを記録したらしい。
自分が生きてる間にこんな日本人サッカー選手が出てきてくれて本当に感動!

ドイツに行って本当に香川は成長したと思う。
ドルトムントで活躍してる事は日本人に勇気を与えるね!

Posted by admin on 3月 29, 2012

カルロス・テベスという生き方

Posted under テベス

カルロス・テベスの写真先日、マンCのテベスが復帰戦で決勝アシストを決めたというニュースが飛び込んだ。
テベスと言えば、個人的な感想でいえば衝撃的に変貌を遂げた選手だと思う。昔は独力で突破を測って点を取りに行く先取だったが、まんUに移籍してからスタイルが変わったと思う。

マンUでは攻撃における「約束事」がきっちりきまっているのだと思う。ボランチがボールを持つと2トップの片方がくさびの動きをして、もう一人が裏に抜けるような動きをする。マンUでこの動きを忠実にこなしている姿には、ひたすらサイドをロボットのようにアップダウンするジュビロ磐田の服部を彷彿とさせる真面目さだった。要するに昔の彼の姿は無い。しかし、彼の攻撃スタイルの幅を拡げたとも言える。サラリーマンとして3年目になる自分としては、生き方として考えさせられるところだ。

価値観を変えるために環境を変えるという選択肢は有りだと思う。僕の彼女は看護師だが、3年目にして遂に転職を決めたらしい。彼女も一風変わったところがあるので、転職でカドがとれるのか、唯我独尊で突き進むのか、楽しみだ。

滋賀 看護師転職についてはこちら。